音水信二のはてなブログ

NOVEL DAYSで小説を書いたり、noteでエッセイや思想的なことを書いたりしています。はてなブログではウルトラマン、仮面ライダー、富野由悠季を中心にヒーロー、ロボット、ゲーム、ラノベ、ネット小説などなんでもありで思いっきり語りったりしながら楽しんでオタ活していきます。コメントフォロー大歓迎!

雑談『ふたりのまほう』のOP映像について記事を書こうとしたらもうすでに違う人がすごいレベルのものを書いていた。

 Gのレコンギスタを見ていて、ある程度記事にしたい内容を決め、それぞれ下準備をしていた頃、もうそれなりに内容ができたのでなんとなくネットサーフィンしていた時のことだ。

 

 

 『Gのレコンギスタ』の後期OP『ふたりのまほう』はいい曲なんだけど肝心のOP映像が本編の映像を切り貼りした言うならば公式MADなのである。
GレコのOPはどちらも本編の切り貼りである。個人的にはOPEDでは、本編では見られないような綺麗でかっこいい映像を見せてもらいたいと思っている。なぜならばMADぐらいファンが好きなだけ作ることができる。だったら公式はその素材をできるだけたくさん作って欲しいと思うものだ。
 

 『イデオン』OPの最後の「テレレレレ、テレレレレ」のところとか、『キングゲイナー』のモンキーダンスとか、ゲイナーとサラの不思議なダンス(「愛と~勇気は~言葉~」のところ)とか、そういうのを期待していた。

 『ガンダム』のガンダムガンキャノンガンタンクの三機が立っているところとかそういうのも好きだ。

 特に『Gのレコンギスタ』はED映像がとてもすばらしいだけあって。少し残念だった。

 個人の好みだが、僕のお気に入り日本のテレビアニメのEDアニメ映像ベスト5に入るぐらい好きだ。

 


 そんな中手持ちの本『富野由悠季の世界』を読んでいるとGレコのページでOPはあえて使いまわしにしていると書いてあった。

 あえて使いまわしとはどういうことだろう。すこし考えてみた。

あーそういうことか、回想シーンになっているんだな。歌詞に合わせて映像を見るととてもリンクしているのだろう。
 でもそれってMADじゃないか、いやそれも含めて作品にするような何かすごいものがあるのかもしれない。

 よし今度映像を確認してみよう。

そう考えてネットサーフィンのしているとなんと『ふたりのまほう』のOP映像の完全解説を見つけた。

 

 すげえ俺が思いつかないところまで書いてあるすごい!

 

それと同時に用意してた内容が没じゃないかとも思った。しかしこれを読みんでいながらまるで自分が発見したことのようにブログを書くのは人として間違ってると思うので、こういう記事を書くことにした。

 

 とても読み応えがる記事だった。
それがこちらだ。

 

 

nuryouguda.hatenablog.com

 

 

この記事が上の記事を知る人を増やす機会になれば嬉しい。