音水信二のはてなブログ

NOVEL DAYSで小説を書いたり、noteでエッセイや思想的なことを書いたりしています。はてなブログではウルトラマン、仮面ライダー、富野由悠季を中心にヒーロー、ロボット、ゲーム、ラノベ、ネット小説などなんでもありで思いっきり語りったりしながら楽しんでオタ活していきます。コメントフォロー大歓迎!

私がGレコを見始めた理由。辛い時に「死ぬ前にGレコを見たい」と思った話。

実は私は2020年3月にGレコを見始めました。厳密にはリアタイで一話二話を見たのですが、なんかよくわからなかった上に富野由悠季の上から目線のインタビューに少しイラっとしてさらに、当時中学校3年生だったため入試などで忙しくそれからしばらく見ていませんでした。
 それから僕は鬱になったりして引きこもるようになりました。ガンダムは好きだったのでGレコも見ようかなと思ったのですが、富野由悠季監督が「子供に見て欲しい」と繰り返し主張しているのを聞いて「俺はもう子供じゃねえよ」と思いみるのをやめてました。
 
 しかしある二つのことをきっかけにGレコを見ようと思いました。

 一つはたまたま読んでいたブログが面白かったことです。どうやらそのブロガーさんはガンダムとかについても書いているみたいなので少しガンダム系の記事も見てみたらなかなか面白くこの人は最近何の記事を書いているのかなと思ったら、あまりにもすごくてびっくりしてしまいました。

というもの

Gレコの記事
その他の記事
Gレコの記事
Gレコの記事
Gレコの記事
Gレコの記事
その他の記事

Gレコの記事
Gレコの記事
Gレコの記事
Gレコの記事
Gレコの記事
Gレコの記事
その他の記事
Gレコの記事

とあまりにもGレコの記事しか書いていなく、私は当時Gレコを未視聴だったため、記事は読みませんでしたが、なんかすごいなんだなと思いました。
 あれぐらい面白い記事を書く人がこんなに一生懸命になってGレコの記事を書いているならもしかしてGレコって面白いのかもしれないなと思いました。
 それで機会があったらGレコを見てみたなと思うようになりました。

 そのブログの欲しい物リストに何かものを送ってみようかなと思いましたが、買い物は応援したいお店で応援したい商品を買っていることと両親もらったおこずかいで物を送るのはなんか変だとねと思い、送るのはやめました。学生になってバイトを始めたら何かしら送ってみようかなと思います。


 もう一つの理由は安倍政権です。桜を見る会をはじめ様々なことを追及されているにも関わらず、2019年12月27日に自衛隊を中東海域に派遣することを閣議決定しました。
 僕はそのニュースをみて、悲しくって悲しくってしかたがありませんでした。
 なぜこんな政権が続いているのだろう。なぜこの政権に文句を言わず続いているのだ。こんな世界をおかしくないのだろうか、いやおかしいのは俺の方なのだろうか。
 悲しくなって僕はスマホにイヤホンを挿し、耳がおかしくなるぐらいの音量で『伝説巨人イデオン』のOP『復活のイデオン』と『ガンバの冒険』のED『冒険者のバラード』を聞きました。
 聞きながらこの世界はもう終わりなのではないか、日本はもうだめなのではないのかと思いました。包丁に手が伸びそうになりましたが、俺にはまだしたいことがあるのだと手を止めました。

 こんな気分になるのは二度目でした。

 前回こうなったのは高校を卒業してすぐの時です。これまでしてきたことに後悔が募り、これからすることにも意味を見いだせなくて、駅のホームから飛び降り掛けましたがやめました。
 その時はある人のことが脳によぎり、飛び込むのを辞めました。

その時飛び降りるのを辞めた理由は主に二つと一つです。
 理由一 人間関係
 僕のことを相手にしてくれる友達が一人いた。その子からは良くメッセージが来る。今日も来るだろう。今僕が死んだらその子が悲しむから。その友達が二十歳になるぐらいまでは生きて居ようと思いました。

 理由二 夢
僕は小説を書くのが好きで、小説を書きたいと思いっていました。どうせ死ぬなら書いてから死のうと思いました。

 最後の理由は秘密です。あんまり書きたいことではありません。

逆に言えば当時の僕に人間関係も夢もなかったら死んでいたかもしれないです。もし踏みとどまったとしても「どうせ死ぬなら逆襲してやる」みたいになっていたかもしれません。
 
 なので自殺のニュースとか殺人のニュースとかを見ていると俺も一歩道が違えばああなっていたかもしれないなと思うのです。
 
 僕が今生きているのは、当時の僕に関わってくれる人がいたのと、小説を書きたいという夢があったからです。それがなかったら死んでいたかもしれないし、変な宗教にハマっていたかもしれません。実際ありもしない希望まがいなものを追い求めて詐欺まがいなことにも会いました。厳密には詐欺ではなく馬鹿な買い物をしたということなのですが、詐欺見たいなものだと思っています。
 

 それから1年と7カ月と半月ほどたった時、安倍政権がきっかけで死にたくなった時しなかったのも、あの時思った二つの気持ちがより大きくなっていたことが多いでしょう。

 しかしその時の僕にはそれ以上に前に出てきた気持ちがありました。それが

死ぬ前に「Gレコがみたい」
です。厳密には「今日ここで死ぬんだったらどうせだったらGレコ見れば良かったな。あと押井守って監督がいるらしい、僕は一作も見たことがないけど、せっかくなら見てみたかった」と思った。
 
余談だが僕はなぜか知らないけど、これまで一度も押井守作品を見たことがない。見ようと思ったら急にいろんな予定が入ったりして見れなくなるのだ。なぜだかはわからない。今回にしても結局押井守の映画は見なかった。機会があれば見たいんだけどその機会がない。


正直に言えば落ちぶれたな自分と思いました。
 死にたいと思っている時に立ち直る理由がガンダムみたいだなんてひどいなと思いました。

1年と7カ月と半月ほど前だったら友達のこととか夢のこととかだったのに、今は「アニメみたいかよ」と思いました

 

しかし今思えばそれは成長だったのだと思います。

 1年と7カ月と半月の時は「誰かのために」生きたい。でした。小説を書くにしても当時の僕は死ぬ前に書いた遺書を読んでもらいたいぐらいの活力しかありませんでした。

 それはあの時は「自分のために」生きたいと思いました。例えそれが「アニメを見たい」であっても立派に自分のために生きたいと思えていたのです。


 当時としては非常に情けない思いでした。

その後バンダイチャンネルGのレコンギスタを見たら非常に楽しめました。熱中させる何かがそこにありました。

その時の記事がこちらです。

 

 

otomizusinnzi.hatenablog.com

 


 せっかくなら家族関係を改善するのに、Gレコの力も借りたいと思いました。父も母もひどいことを言ったりしてくるわけではありませんでしたが、なんとなく両親への恨み節みたいなものが強かったのです。それを消化させて次の世界に行くために家族で一緒にアニメを見ることにしました。


 母はイデオンガンダムを子どもの頃見ていました。ちょうどアニマックスでイデオンの放送が始まっていました。そのため夜ご飯を食べる時イデオンを見ませんかと言いました。

 そのついでとして「Gレコも面白いからみましょう」と話しました。OKが出たので晩御飯の時我が家ではGレコとイデオンを見はじめました。


その時の記事がこちらです。

 

 

otomizusinnzi.hatenablog.com

otomizusinnzi.hatenablog.com

otomizusinnzi.hatenablog.com

otomizusinnzi.hatenablog.com

 

Gレコの最終回を見た時僕はいつの間にか浄化されていました。それはGレコの力なのかもしれませんし、その力に触発された僕の力なのかもしれません。しかし僕の心はまだ不安定でした。まだアニメが見たいと思いました。

 母が『ターンAガンダム』を見たいと言い始め、僕は『キングゲイナー』と『ブレンパワード』を見たいといい結局両方見ることにしました。
 最初は一人で見ていたのですがせっかくなので家族でみることにしました。その頃の記事はこちらです。

 

 

otomizusinnzi.hatenablog.com

otomizusinnzi.hatenablog.com

otomizusinnzi.hatenablog.com

otomizusinnzi.hatenablog.com

 


そしてなんだかんだどの作品も楽しみ、先日ガンダムチャンネルの一ヵ月無料放送で『ガンダムF91』を視聴しました。そのことにより今見たい作品をすべて見ることができ、3月下旬から始まった富野由悠季祭は終わりを迎えました。

 僕としてはそれでいろんな気持ちが満足しました。

 その後も家族でアニメを見る習慣はつづいており今は『赤毛のアン』を見ています。

 


僕が今ブログやツイッターで『Gレコ』であったり、さまざまな作品について書いたりしているのはその時の感動をたくさんの人に感じてもらいたいからだと思います。
『Gのレコンギスタ』を見た結果好きになるもの嫌いになるのも自由です。『Gのレコンギスタ』を面白いと書くのも自由だし、面白くないと書くのも自由です。
 しかしあまりにも過小評価されていると感じることが多いのです。

 その結果かつての私のように見てないけどGレコって面白いくなさそうと思っている人もいるでしょう。僕はそういう人に向けてGレコって面白いよという記事を書いています。
 それだけでなくGレコを見た人がだれかとGレコについて語りたいと思った時に記事を読んで疑似的に誰かと語り合ってる気分になれたら楽しいだろうなとも思って記事を書いたりもしています。

 もちろん一生Gレコについてどうこうは言ってないでしょう。僕がGレコについての記事を書いてる期間はとても短いと思います。しかし書いた記事ははてなブログやnoteのサービスが続く限り見れるので、例えば10年後Gレコを見た人が僕の記事を見つけるみたいなことになったら面白いなと思います。

 


普段こんな記事を書いています。

 

 

 

otomizusinnzi.hatenablog.com

otomizusinnzi.hatenablog.com

otomizusinnzi.hatenablog.com

 

otomizusinnzi.hatenablog.com

otomizusinnzi.hatenablog.com

 

 このほかにも様々なことに関して記事を書いています。よろしければタグなどからいろんな記事を見てもらいたいです。その結果楽しんでもらえれば幸いです。